お待たせしない予防接種
成人予防接種
小児予防接種

高血圧症

高血圧症は、原因となる病気が特定できない本態性高血圧症と、腎臓病、内分泌異常、血管異常など、原因となる病気が明らかな二次性高血圧症に分けられ、本態性高血圧症が大部分(90%以上)を占めます。

長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また動脈硬化が進行すると、眼底出血による視力障害、脳血栓による手足のしびれ、冠動脈硬化による胸痛、不整脈、腎硬化症などが起こります。

当院では数多くある降圧剤の中から、効果があって副作用の少ない薬剤を選択して処方するよう心掛けています。

高脂血症

高脂血症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。
長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの病気を起こします。

内服薬には副作用で筋肉痛や肝機能障害が出る可能性があります。当院では患者さんに合わせて副作用がより出にくい薬剤を処方するよう心掛けています。

糖尿病

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。

当院では数多くある血糖降下剤の中から、患者さんに合う薬剤を処方するよう心掛けています。導入済みであればインスリン注射処方にも対応しています。

高尿酸血症

高尿酸血症とは人の血中の尿酸値が異常に高くなった状態で、血液中に溶けきらない尿酸が体の色々なところに結晶として蓄積していき、痛風を初めとする多くの障害を引き起こします。性・年齢を問わず血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。

内服薬の中断は痛風発作の原因となります。痛風発作発現時の内服治療なども当院にご相談ください。

花粉症

花粉とは花粉の飛散期に一致して、目のかゆみ、充血、流涙、くしゃみ、水様鼻汁、鼻づまりなど、目・鼻のアレルギー症状が発生する病気です。

眠気の出にくい薬剤・眠気が多少出ることがあっても効果の強い薬剤など、当院では患者さんの希望に合わせた処方を心掛けています。点鼻・点眼の処方もしています。

喘息

喘息は、ウイルス感染・アレルギー反応や細菌などが発端となった気管支の炎症が慢性化する事で気道過敏性の亢進、可逆性の気道狭窄をおこし、発作的な喘鳴、咳などの症状をきたす呼吸器疾患です。

当院では吸入剤をメインに処方しています。症状が軽快しない場合には必要な内服薬を追加することもあります。